鍵110番で本気の防犯対策をしよう│一切困らない設備強化

防犯設備を活用して空き巣をなくそう

雨漏りを処置

雨漏りは滴り落ちるような症状だけではない

雨漏りと聞くと滴り落ちるような症状をイメージする方が多くいるのではないでしょうか。しかし、雨漏りはこのような症状の方が少なく、染み流れてくるような雨漏りが多くあります。屋根にほんの少しの隙間ができてしまい、そこから少しずつ家の中に染み流れてきます。このような雨漏りは壁や天井に染みができます。壁や天井に染みを見つけた際には雨漏り修理が必要になる場合があります。雨漏り修理が遅れることで、家が痛みシロアリの原因ともなります。症状が雨漏りが分からない場合には業者に依頼をして、調査してもらうことも一つの方法です。安心して長く生活するためにも、壁や天井に染みを見つけた時には早めに調査をしてもらい原因をはっきりさせることが大切です。

応急処置はブルーシートとガムテープでもできる

雨水が滴り落ちるようなひどい雨漏りの際には、自分で応急処置をするという方もいるのではないでしょうか。しかし、自分で雨漏り修理をすることで、さらにひどい状態になってしまう場合もあります。また、雨などが降っている状態での応急処置は危険なので避ける必要もあります。雨漏り修理業者が来るまでの間の応急処置はブルーシートとガムテープでも十分な対応ができます。雨漏り箇所にブルーシートをかぶせれば、雨の侵入は防げますが固定するのが大変です。屋根が乾いている状態ならガムテープなどでも十分固定することができます。ホームセンター等では防水テープなども販売されていますので、テープを利用することで誰でも簡単に固定することができ応急処置ができます。