鍵110番で本気の防犯対策をしよう│一切困らない設備強化

防犯設備を活用して空き巣をなくそう

切って得する

伐採のメリットや工夫などを解説

伐採とは、林業において木を切り倒すことです。特に出荷するために切り倒し、搬出して丸太として出荷するという、主伐のことを指すことが多いです。 主伐は農業で言えば野菜などの収穫に当たります。一方、間引きをする間伐、目的以外の木を切り倒す除伐も伐採に含まれます。 森林経営では、まずは下草を刈ったり間伐などを行うことで、日当たりがよくて良質な木が育つ環境を作っていきます。枝打ちもその一つで、まっすぐで太い木を育てるために欠かせない作業です。 こうした工夫を行うことで、高い値段で売れる木を育てることができる、というメリットがあります。 そして、十分に育った木は主伐をすることで、出荷されて建築材などに使われます。

エコな意義が高まる伐採のトレンド

伐採のトレンドをご紹介します。日本では木は住宅や橋、家具などを作るための材料として、古くから珍重されてきました。 ただ、昔は主に人力で作業が進められていたため、伐採ものこぎりで切り倒すという方式でした。現代の林業では、チェーンソーを使うことが多くなっています。 伐採の際には人に木が当たってしまう恐れもありますので、木を切り倒す方向などを慎重に見極め、安全を確保した上で切り倒します。 また、林内で使える重機もあり、活用されることもあります。 住宅などに木を活用することは、CO2削減にもなりますし、良質な森林を育成することで、さらにCO2を減らしたり、水源地としての価値を高めることもできます。林業はエコの面でも注目されています。